サービスの安全性について

撮影シーン 撮影は十分な安全性を考慮した上で行います。
ドローン撮影における昨今の事故は、新聞やテレビなどのメディアで各種取り上げられており、その危険性も多くの方が認識されていることと思いますが、当社では機体に関する知識を充分持ち、フライト経験を積んだ操縦者と軽量な機体の使用、撮影の条件を厳しく判断することで、最大限の安全性に配慮しています。
さらに、万が一の事故を想定し、大手保険会社と最大補償額1億円の保険を、ドローン導入時の付属保険とは別に、予備機体を含め全機体契約済みです。

法律に基づく撮影条件

2015年12月10日より、ドローンなどの無人航空機(UAV)の飛行禁止空域や飛行方法などを定めた改正航空法が施行され、ドローンでの空撮に一定のルールが適用されることになりました。これにより、国土交通大臣の許可が必要な条件と、許可無しでも撮影可能な条件が明確化されています。

撮影に国土交通大臣の許認可が必要な条件

空港等の周辺でのフライト
上空150m以上でのフライト(管轄の空港事務所に許認可を得ます)
人口密集地でのフライト(平成27年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空)

その他にも以下条件外でのフライトには国土交通省や、管轄エリアの空港事務所の承認が必要となります。

日中(日出から日没まで)に飛行させること
目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
爆発物など危険物を輸送しないこと
無人航空機から物を投下しないこと

上記条件での撮影に必要な許認可の申請は弊社で代行致します。
許認可を得るまでに最短で10営業日程度現状(2017年3月現在)で約3〜4週間程度を要するため、許認可が必要なエリアでのフライトは撮影スケジュールを調整できない場合がございますので予めご了承ください。また、人口密集地の確認や撮影条件等が不明な場合は、事前にお問い合わせください。

撮影当日の条件について

撮影シーン ドローンでの撮影は天候に左右されます。撮影当日の天候は晴天および曇りのみ実行可能です。雨(降雨量にかかわらず)および雪(降雪中)の場合は撮影を延期させていただきます。(事前に天候予測が可能な場合は、予定日を変更いたします) また、撮影現場での風速が5mを超える場合、機体の安定が見込めなければ同様に変更させていただく場合がございます。

フライトエリアの電波状況

撮影シーン ドローンの操縦や映像の確認には、インターネットの無線接続などで使われる2.4Ghz帯の電波を用います。フライトエリア(主に市街地)により、電波帯域に空きがなく、安定した通信を確保できない場合や、エリア内に高周波ノイズを発する設備(高圧設備や電波塔など)が存在する場合、その他現場での判断が必要な条件では、事前のロケハンを行い、テストフライトを行います(有料)。

その他の条件

フライトエリアがホテル・旅館・マンション・病院等の窓側に隣接しているなど、十分な距離がとれないと判断される場合は、事前にフライトの通知をお願いするなど、あらかじめ近隣のプライバシーに配慮いただく必要がございます。これらに配慮なき場合のフライトはお断りさせていただく場合がございます。